ゴミのリサイクルで作られているモノについて

一番多いのがペーパー類です

ペットボトルのリサイクルで作られています

ペットボトルから様々な繊維類が出来ていると言う事は知らない人も多いのではないでしょうか?
ですが、近年になってこのペットボトルは世界中で利用されているモノの一つであり、皆さんがよく知っているのが、飲料で見かける事が多いと思います。
様々なサイズのペットボトルがありますが、今ではこのペットボトルを少しでも社会からなくしていこうと言う活動が増えて来ました。

それは、環境保護だけではなく、私達の住むこの地球全体を保護する事にも繋がるそうです。
地球は、その多くを海で覆われている星の一つであり、海があるから私達は呼吸が出来て、生きる事が出来るのです。
今その海に大量のペットボトルが散乱している事が多く海の生態系のバランスを大きく揺るがしている存在になっています。
なので、少しでも多くのペットボトルをリサイクルしようとして特に、繊維類である服にする動きが世界中で広まっています。

どんなモノが作られているのか?

上記の記事では様々な繊維類はペットボトルのリサイクルによって作られていると言う事を学べたと思います。
では、繊維類と言ってもどのようなモノにリサイクルされている事が多いのでしょうか?
ここでは、中でもよくリサイクルされている色んな仕事で活用されているユニフォームについて考えて見たいと思います。

まず、ペットボトルのリサイクルで作られたユニフォームのほとんどは様々ある業界の中でも一番利用されている事が多いのが、医療業界です。
沢山ある診療科によって色んなカラーのユニフォームが用意されていたり色分けされています。
これは、どの役割の人なのかをユニフォームのカラーで見分ける為と、バリエーションを増やす事で生き生きと仕事をして貰う為でもあるそうです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る