ゴミのリサイクルで作られているモノについて

生ごみのリサイクルについて

タイルもリサイクル品です

今では多くの都市部や郊外で沢山建設されている事が多いのがマンションです。
特に、人気の地域だとタワーマンションやお洒落な感じのマンションが多いと思います。
最近では外観にこだわって建てたりしている事が多いです。

その為、よくタイル張りのマンションを見かけるようになりました。
実は、沢山あるタイルこそリサイクルで作られているモノの一つでもあるのです。
タイルは何からのリサイクル品かというと、プラスチックゴミからのリサイクルによって生まれ変わってタイルとして沢山の建設現場で活躍しています。
軽い物から雨や風や汚れに強いタイルなど、様々な種類に分かれており使うプラスチックの量によって強度を決めて作られているそうです。

様々な部品になっています

建設現場と言っても色んな現場があると思います。
特に、小さい現場では様々な部品を利用している事が多いみたいで、その部品のほとんどはリサイクルで作られているモノが多いのです。
例えば、複合商業施設を建設する時には、場所によって強度や重さの違う部品を使って耐震性や耐熱性に優れた店舗を作らなくてはいけないのですが、沢山のネジやパネルを使用する事が多いので、少しでもコストを抑える為に、リサイクルで作られているネジやパネルを利用しています。

リサイクルで作られているモノだからと言って、品質は変わりなくむしろとても高い為、日本だけではなく今では世界中の建設現場で日本で作られたリサイクルで作られているネジやパネルや様々な部品が高い評価を受けています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る